メディカル・ダイアローグ
Online コース

 

徹底した対話ワークを通じてMDを使いこなす!

<OnlineコースはBasicコースとここが違う>

  • 月二回ペース​

  • ​平日夜、一回2時間程度で負担が少ない

  • 定員が少ない(3~4名)

  • 受講時間が長い(全12回、24時間)

  • ワーク時間がBasicコースの2倍以上

  • ​講師の尾谷が全員のワークを直接チェック、指導


Onlineコースは対面のBasicコースとカリキュラムの大まかな内容は同じです。しかし、形式、進め方が大きく異なります。

可能な限り対話のワーク時間を長くとるために、定員を少なくし、合計の受講時間も全24時間と長く設定されています。講師の尾谷がすべてのワークをチェック、コメントするため、対面のBasicコースを既に受講した方が、実際にその内容を使いこなせているかを復習・確認するのにも最適です。


基本、隔週ペースで開催されるため、前回の学習内容を忘れてしまう前に次のワークショップがあり、学習効果も高くなります。そのため、対面のBasicコースで課される復習のための宿題はありません。すべての時間がその回の学習内容の説明と各自のワークに割かれます。実質、Basicコースに比べてワーク時間は2倍以上になります。


またBasicコースでは伝えきれなかった様々なテクニックやポイントをワークへのコメントと解説を通じてお伝えしていくことになります。

 

開催スケジュール

満席

​1期

​2021年

  • 3/8(月)

  • ​3/22(月)​

  • 4/12(月)

  • 4/26(月)

  • 5/10(月)

  • 5/24(月)

  • 6/14(月)

  • 6/28(月)

  • 7/12(月)

  • 7/26(月)

  • 8/2(月)

  • 8/16(月)

 

募集要項

講師

​​尾谷幸治

​(医療コミュニケーションコンサルタント)

開催方法・時間

ZOOMを利用したオンライン

21時~23時(※オンラインコースはワークの進行度合いに合わせて1回のワークショップ時間が90分~120分の間で変動します)

PCによるアクセスを推奨します。
ZOOMを用いて対話形式のワーク等を行うため、カメラ、マイク、イヤホンをご用意ください。
詳細は受講手続き後にお知らせします。

受講料

​¥173,000

(消費税込み)

定員

3~4名

参加者のワーク時間を最大限長くし、講師の尾谷が全員のワークを個別に見てコメントできるように、1コースあたりの定員を少なくしています。​

 

コースを通じて学ぶこと

〇問診を通して、治療的信頼関係(ラポール)が成立することを知る

〇"指導"しなくとも、患者さんから自発的に予防に興味を持ってもらう

〇質問という行為を通して最善の治療計画を受け入れてもらう

 

カリキュラム

第1回

話を共有する

第2回

悩みと望みを聞く

第3回

具体的エピソードを聞く

第4回

​肯定形の望みを語らせる

第5回

言葉の定義を一致させる

第6回

悩みパターンを特定する

第7回

目的を聞く

第8回

葛藤と関わりサポートする

第9回

選択肢を提示する

第10回

YESセットでラポールを形成する

第11回

たとえ話(アナロジー)で理解させる

第12回

治療プランを提示する

 

参加申し込み

 

参加希望者は下のボタンをクリックして表示された申し込みフォームに必要事項を記入して下さい。


なお、コースのクォリティを高く保つため、受講資格に関してこちらで選考を行います。フォームの質問は選考を兼ねておりますのでご了承ください。


フォームよりお申し込み後、すぐに自動返信メールが送られます。メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。迷惑フォルダ内を確認してください。


その後、数日以内にメディカルダイアローグ事務局より改めて詳細を直接メールをいたします。

 

©2021 by Dialogue Technology